札幌すすきので知り合ったコンパニオンさんの切ない妖艶美

昨年の夏だったでしょうか?

札幌すすきのの高級銭湯で、久しぶりにたのしんだのは。

名古屋熟女デリヘル

相手をしてくれたのは、たしか旭川から札幌に来たと思いましたが、ミーさんです。

ミーさんはなんでか早くに結婚されていたようですが、ご主人を亡くされて今のお仕事をされていました。

その淋しさゆえか、最初はすすきののスナックでお仕事をされていたそうです。

ですが、年齢的には脂がノリきっている頃。

女性といえどもエッチしたいのは、男性と同じです。

次に選んだ職業がソープランドでした。

ボクは出張先の札幌で仕事が終わって、自分へのお疲れさん会でいったソープにミーさんがいたのです。

彼女は今、三十代半ば。

とても美しくて、気立てもサイコーでした。

肌も白くてまるで二十代。

でも、一番いいところは、人生の経験を積んでいらっしゃるのか性格がまろやかでした。

部屋の明かりを落としてプレイする雰囲気は、まるで数年ぶりに再開した恋人同士のようでした。

ボクはしたに位置していて彼女を見上げる形です。

ソープですから、それなりの関係で終わってしまいます。

下から見る彼女の顔は、限りなくセクシーで、どことなく淋しさのせいか哀愁を感じさせてくれました。

短い時間でのお付き合いですが、素直にキレイだなと感じた一晩でした。